死ぬまで いっしょ

高校のクラスメイトだった50代同士・既婚者同士の恋のブログです。不愉快に思われる方、たくさんいらっしゃると思います。どうぞ、このブログは無視してくださいね。

愛し合うということ。

今日は、性的な表現がいつもよりあります。

わたし達、そしてわたし達の年代のお付き合いを語る上でも大切なことと思い、割愛はできなくて...

苦手な方もいらっしゃるでしょう。今日の記事は飛ばしてくださいね。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆







一年半前、初めて肌を重ねたあと、心配になってきた。

もしかして、したかっただけ⁈

繋がって わたしとだと 手っ取り早いから、したの⁈


「あのー...体ばかりじゃないよね...?」


「心に決まってるでしょ!

スミレちゃん( ごく初期はこう呼ばれた ) は、こういうお付き合いは無理!できるだけ食事やドライブのデートだよ!でも、好きな気持ちが溢れると 抱き締めたくなっちゃうのは、許してね❤️」




今現在、言ってくれた通りのお付き合いをしてくれてる。

ホテルは月に一度くらい。

わたしと同じくらいの食いしん坊だから、色んなお店を知っていて案内してくれる。わたしの好みそのもので、ホント趣味が合う!

車で遠くまで足を延ばして、あちこちへ。

手を繋いで、隙を見てキス。

ほーんとに普通のデートで、お花見やクリスマス、誕生日、初詣を一緒に過ごしてる。何度かの一泊温泉旅行も。

感謝してもしきれないほどだ。




始まった頃は


抱きしめたい、今度はいつかなあ

最近は辛抱ができないよお

あー スミレの肌を思い出すと硬くなる...


ってすごく求めてきて、月に二、三度はホテルでのデート。実はわたしもすっかり愛し合うことの虜になってしまったのだ。

こんなにも 心も体も満たされるsexを、彼が初めて教えてくれた。




夫はその行為を黙々と愛の言葉もなく、 いつも同じ手順を踏んで、終わる。自分の世界に入ってるみたいで、気持ちをストレートに向けてくれない。淡白でとても照れ屋だから。それが悪いわけじゃないけど。

だから、それがそういうものだと思っていた。

わたしも、別にしなくて良くなってきた。若い頃から痛かったし..


彼とのは、違う。


恍惚とした 彼の表情、強く抱き締めて スミレ スミレ..誰にも渡さない、俺だけのものだ って耳元で囁いて、すごくキレイだよ...って褒めてくれて。旦那様に見せたなら俺にも見せて......って。シャワーまだだからダメ....汚いよ...って言っても、スミレのなら大丈夫だもん綺麗だもん...って ずっと舌と唇で愛されて。上に乗せられたり後ろからだったり...体を通して、魂を通わせている感じ。


禁断の恋だから 燃え上がっているんじゃあない。彼にテクニックがあるから 感じるのとは違う。お互いを大好きで それを伝えたい気持ちでいっぱいなのがわかるからだ。


二人で一つになってしまう感覚。

何度も何度も、一番高いところへ連れていかれる。怖いくらいに、乱れて。

終わった後も、ずっと抱き合ったままでお話ししたり、まどろんだり、また愛してくれたり...


なんて気持ちのいい、愛に満ちた行為なんだろう。


若い頃の方がもっと濡れてたのに、彼とはぜんぜん痛くない。彼のと、わたしのと、相性がいいんだろうな。


お昼前にチェックインして夕方まで、6時間以上は居る。ゴハンとお風呂やテレビのニュースの時間を引いても、4、5時間はくっついている計算だ。二人の肌がピッタリ、シットリ合わさる。「こんなに合う肌、なかったよ。いつまでも引っ付いていたいなんて、初めて。」って彼も言ってくれるのが幸せ♡


愛し愛されるって、愛を交わすって、 こういうことだったんだあ、って喜びでいっぱいになる。女に生まれて、よかったあ。





「俺には体のことじゃないんだ

心が繋がって、その延長のところにあるんだ

お互いに気持ちがあって、求め合わないと出来ない。

求め合って相手の温もりを感じながら、相手にも感じてもらいたいと、熱く熱く愛し合えるときがsexだよ」

って言ってたな。



あと10年若かったらなぁ、二回はできたのに、ゴメンね、って彼は悔しがるけど、いいの。

10年前じゃ時期的にお付き合いしなかっただろうし、それに、今は 妊娠の心配しなくていいしね (๑˃̵ᴗ˂̵)










日程もなかなか合わなくて、お出掛けデートが最近 多い。

わたしは抱きしめ合いたいのにナ。

部屋だと存分にキスしたり肌をくっつけたり 見つめ合ったり、おしゃべりやゴハン食べたりができるからね。




今は、カラダを求めてくれるのが、すごく嬉しい。

前は、体のお付き合い?って抵抗や葛藤があったのに。



うひ〜、以前のわたしよ いずこへ〜。