死ぬまで いっしょ

50代同士・既婚者同士の恋のブログです。不愉快に思われる方、たくさんいらっしゃると思います。どうぞ、このブログは無視してくださいね。

初めて結ばれた日。

凛ちゃんに触発されて、

わたしも彼との"初めて"を記します。





再会してからも毎日毎日ラインを送り合い、

二人とも気持ちが高ぶって...


そして。いつしかその方向へと。






彼「熱く抱き合えるのかなあ。

俺も優しく大事にフンワリと、って。でも熱くきつくだきしめちゃうかなあ❤」




彼「お互いの温もりを感じ合えることで心も身体も繋がっていると、安心してほっとするんだよね。

それが、〇〇さんは今は無理なら俺は待つだけだよ。

どんな〇〇さんでも、俺にとっては好きになって憧れていた〇〇さんだからね。」



彼「肌を合わせて見つめ合えたら幸せだもん。

俺はそれだけでも幸せ、、、❤」



彼「日曜日に会えるときないかなあ。

愛し合いたいなあ❤正確にはほっとしたいなあ。🎵💓❤」



彼「二人だけで温もりを感じ合いながら見つめ合いたいし、肌を合わせてるだけで良いのさあ❤️ 一緒にいられるだけで幸せだよ🎵💓同じ時間、同じ空気を吸ってね。

いやらしい気持ちはないからね。」

(以上、またラインのコピペ!🤣)




と進み、その日を迎える約束をするのです。

再会してから4回目のデートの日。







わたしは10数年ないだけでなく、夫以外の人とは まったく初めての経験になる。


できるのかな、ホントにこんなことして いいのかな、こんな体 彼に見せて平気かな、もう後戻り出来なくなるのかな、、、


不安と葛藤だらけだった。



でも、もう好きで好きでたまらなくなっていた。

最後までいかなくていい、ただ抱きしめてほしかった。







わたしの家の近くだと人目があるので、いくつか離れた駅で待ち合わせした。


車に乗り込み、二人だけになれる場所へ。

「そのため」に行くのに、頭の中は意外に冷静になってて自分でも驚いたな。




秋の始め。

ワンピースに薄いカーディガンを羽織って。ストッキングは履かずに素足にバレエシューズ。

ええ、もちろん、スッとキレイに脱がされるように

(//∇//)。




ホテルに着いたら、どう振る舞っていいのかわからないのと緊張でガチガチ。ぜーんぜん喋れなかった。

初めてのところがこういうホテルかぁ、って正直 少しガッカリしたけど、朝からラグジュアリーホテルはやってませんもんね。




抱き締められ、熱くキスを交わして、

服を脱がされた。

ベッドの端に腰掛けてるわたしの下着を見て、目を丸くして

「可愛いねぇ。中学生か高校生みたい」

ですって...


色っぽいのは、もってないんです。

その日もキッド○ルーの淡いピンクのテディ。

ガッカリさせたかしらん😞





座ったままでいたら、肩を押されて

ベッドに倒されて...

恥ずかしくてすぐにうつ伏せになってしまった。


びっくりしたのは、彼が一番最初に

大事なところを触ってきたこと。

えーっ、そこは後半でしょー?




つづく....