死ぬまで いっしょ

50代同士・既婚者同士の恋のブログです。不愉快に思われる方、たくさんいらっしゃると思います。どうぞ、このブログは無視してくださいね。

初めて結ばれた日。2

昨日の続き....






うつ伏せになったわたしの下着の端から

指を滑り込ませ、すぐに一番 敏感な部分を愛撫し始めて...


えぇっ?少しずつ進めていくんじゃないの⁈

時間をかけて胸から下にいくんじゃないの⁉︎


びっくりする間も無く、すぐにすごく感じてしまって、恥ずかしい声をあげてしまった。





彼「もう、すごく濡れてるよ....」


ス「....やだ。そんなこと、ないもん...」





そのあとは深くキスしたり、ギュッと抱きしめ合ったり、胸のてっぺんを口に含まれたり。


彼の肌はしっとりしてて、吸い付くよう。

大好きになったひとと、こうなれたんだなあ、って不思議でそして、幸せな感覚だった。


再会してからたった4回目で わたし、こんな事してるんだぁ、って俯瞰してるみたいで、頭はへんに冷静だったけど。





いよいよ彼が中に入ってきて...










なんて気持ちいいんだろう。









「....ああ、狂う....」

彼がわたしから体を離し、つぶやく。


「こんなにいいの、〇〇さんが初めて...」

お世辞だとしても、本当にうれしかった。









今までは挿入されて気持ちいいなんて、感じたことなかった。夫とは、そとを撫ぜられてわたしがイッて、中に入れてあげるのは夫のため。あとはひたすらガマン。いつも、感じる演技をしてた。

痛くて、早く終わらせたいために。

もちろん、夫に対して愛があってもそうだったの。






彼とは、心までもギュッと気持ちよくなった。


わたしに向き合い、愛し愛され、

わたしに気持ちよくなって欲しい、って

一生懸命にいっぱいしてくれた。




「中にも出さない.....〇〇さんをけがしたくないから...」

って、最後まで彼は我慢してくれた。






お部屋は大きな窓付きのバスルームからの

光で、明るい。

仰向けのわたしの脚を広げて見ようとしたのには、驚いちゃった!だって、誰にも見せたことなかったし、しかも まだ初めての日だよぅ。

慌てて「きゃーーっ!」って両手で隠しちゃった〜。

見たり舐めたりが、大好きだって、もうこの日にわかっちゃった。




あっという間の4時間。





すべてが終わって、バスローブで洗面所の鏡をのぞいて、お化粧 落ちちゃった、って言うわたしを後ろからギュッと抱きしめて、

「かわいい...お化粧 落ちても全然変わらない💕」だってー

まぁね。

だって わたし、お化粧映えしないもんー

( ;∀;)





プラトニックでもいいのかな、なんて思ってたけど、彼が言っていた。

体を合わせると垣根がなくなってもっと自然に愛し合えるよ、って。


本当にそうだった。











なにがキュ〜ンってするかと言うと、机を並べてた高校生の二人が、今はこんなに濃密で色っぽい関係になった事。


今になっても、それを考えると、甘酸っぱくて

幸せ。