死ぬまで いっしょ

高校のクラスメイトだった50代同士・既婚者同士の恋のブログです。不愉快に思われる方、たくさんいらっしゃると思います。どうぞ、このブログは無視してくださいね。

ああ、そういうことだったんだ....

レストランでもあっという間の三時間が経ってしまいました。



その時 彼が


あっ、もう9時だね。

そろそろ時間だね...

こういう時、二人とも家庭があると、じゃあ帰ろうか、となるからいいよね。

片方が独身だと、まだ帰りたくない ってなって、ずっと居ることになって...


って言ったんです。


その時は、まぁ そうだよね、ぐらいにしか感じなかったけど、今から思えばそれがお付き合いに望むスタンスだったのかも。



無理せず 会える時に会う。



始めからずっとこのスタイルだったら、良かったのにな。

それなのに この日を境に、彼はわたしに夢中に、わたしも彼に夢中になってしまって、それが一年続いて。



そのあと、彼は随分 落ち着いてしまった。


わたしは夢中のまま。



そう、いわゆる温度差です!

あーあ、なんでわたしだけ 取り残されるの⁉︎

今、毎日毎日グズグズしてます....





以前のやり取りで話してくれた事。

独身の若い女性と長い年月 お付き合いがありました。お互いに真剣になってしまい、修羅場にまでなったって。


それで、先の話がでたのです。